企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

MCデータプラス/グリーンサイトとCCUS連携/就業履歴蓄積で利便性向上  [2019年9月9日1面]

CCUSとの連携イメージ

 MCデータプラス(東京都港区、飯田正生社長)が運営する建設業向けクラウドプラットフォーム「グリーンサイト」と、建設業振興基金(振興基金、佐々木基理事長)が運営する建設キャリアアップシステム(CCUS)のデータ連携が決まった。約120万人の技能者データを抱えるグリーンサイトの強みを生かし、CCUSで行う就業履歴の蓄積などで利便性を高めることができる。技能者登録が10万人を超えたCCUSの普及促進にもつながりそうだ。
 連携はCCUSの「就業履歴データ登録情報API連携認定システム」を介して行う。MCデータプラスが振興基金に申請し8月30日に認定された。同社は9日に「CCUSデータ連携サービス」の提供を開始。20年9月までの1年間、同サービスが無料で利用できるキャンペーンを展開し、CCUSの早期普及を後押しする。
 建設現場の労務安全書類の作成を支援するグリーンサイトは、元請会社200社以上が利用しており、1万7000社以上の現場・契約情報、現場施工に参画する専門工事会社約45万社の施工体制情報、約120万人の技能者の就労履歴情報を持つ。
 データ連携サービスを利用すれば、これら情報を生かしてCCUSで現場ごとに手入力する事前準備の作業が大幅に削減できる。労働時間の短縮につなげて働き方改革に貢献する。グリーンサイトの通門管理機能を使うことで、技能者一人一人に発行するQRコードや非接触型ICカード「Felica」、生体認証、スマートフォンアプリなど現場規模や環境に合わせた方法を使い、CCUSの根幹となる就業履歴の蓄積が効果的に行えるようになる。
 同社は第2弾として施工体制技能者情報のAPI連携も20年度に取得する予定だ。これにより作業員名簿から技能者の現場での立場や職種といったデータも連携できるようになる。相互連携による利便性が一段と高まる。
 API連携を機に、同社は現場の施工管理や情報共有を効率化する「作業間調整サービス」、保有する資格に応じて支払う手当を自動集計する「独自資格管理サービス」、入退場情報を元にした「勤怠管理・給与計算サービス」や「賃金支払い報告書作成支援サービス」も構築。試行利用期間を設けた上で20年度から本格的に提供できるようにする。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。