技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

西松建設/トンネルCIM総合管理システム開発/データ一元管理で現場の利便性向上  [2019年9月9日3面]

システムの概要

 西松建設は6日、従来のCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)データと、独自開発したトンネル掘削工法の探査・予測解析技術を一元管理するシステムを開発したと発表した。これまで分けて運用していたデータと技術の一元管理によってよりデータ登録などの作業を省力化でき、現場運用時の利便性が大幅に向上する。北海道のトンネル建設現場に初めて導入した。
 「山岳トンネルCIM総合管理システム」は、従来のCIMデータ、同社が開発した各種前方探査・予測解析技術、演算工房(京都市上京区、林稔社長)が保有する汎用(はんよう)的な3Dソフト「E-G Modeling(イージー・モデリング)」を統合した。
 データの一元管理で掘削段階の地質分布・変位の高精度な予測、評価に役立てられるようになった。掘削時などに得たデータは自動的に3Dモデルにインポートされ、膨大なデータの登録や3Dモデルへの表示作業を省力化できる。前方探査・予測解析などの各項目の表示切り替えも容易になり、任意のデータを簡単に閲覧できる。
 3Dで可視化することにより、計画段階や施工段階などで地質などの情報を詳細に把握することも可能になった。計画段階では事前準備や事前協議ができるようになり、施工段階では掘削方向の地質の解析精度が向上する。
 CIMの運用方法はこれまで、地質情報を基に詳細な3D地質モデルを作成し、モデルを基に断層や地質変化点を予測したり、既掘削区間の施工情報を見直すことで前方地質の予測に活用したりしていた。CIMとは別に掘削時に得た削孔データなどを基に、切羽前方や周辺地山の地質や変位を予測・解析するシステムも運用しており、現場での利便性が課題になっていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。