工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

西武鉄道/西武園ゆうえんち全面リニューアル/刀と協業、21年中のオープンめざす  [2019年9月10日5面]

 西武鉄道は、西武園ゆうえんち(埼玉県所沢市山口)を全面リニューアルする。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)の業績をV字回復に導いた実績を持つマーケティング会社の刀(東京都港区、森岡毅社長)と協業し、計画を具体化する。設計者と施工者は今後決定し、開業70周年を迎える2020年1月以降に着工。21年中のオープンを目指す。
 1950年に開業した西武園ゆうえんちは、ピーク時の88年度に年間約194万人の入場者があったが、施設の老朽化や消費者ニーズの多様化などの影響で18年度には約49万人にまで落ち込んでいる。
 西武鉄道はリニューアルを機に、グループの各事業が連携して所沢を「訪れたい場所」に変え、地域の活性化や日本の「観光大国化」に貢献することを目指す。
 リニューアルの詳細は今後固めるが、営業を継続しながら段階的に工事を実施する方針だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。