行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

土木学会/防災・減災カードゲームの携帯アプリ版作成/スマホで楽しく学べる  [2019年9月17日1面]

 土木学会(林康雄会長)は、子どもたちに楽しみながら土木の役割を学んでもらう防災・減災をテーマとしたカードゲーム「ポケドボ」の携帯アプリ版=写真=を作成した。カードゲームの面白さをそのままに、音やアニメーションで臨場感が味わえる。
 ポケドボは2018年7月に発売。これまでの販売部数は539部に上る。遊び方はプレーヤーに「てつどう」や「くうこう」などカードを5枚ずつ配り「まち」をつくる。場に積んだ札から「じしん」や「こうずい」などインフラに被害を与える災害カードと「事前対策」や「応急復旧」といったインフラを守るカードを交互に取る。防御と復旧を繰り返しながら山札がなくなった時点で、より多くのインフラカードを持っている方が勝者となる。
 アプリ版はコンピューターと対戦する。インフラと災害の関連性、予防保全や事後復旧の必要性をルールに盛り込むなど、大人も楽しめる内容となっている。アップストアから無料でダウンロードできる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。