行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

岩手県、陸前高田市ら/高田松原津波復興祈念公園がオープン/震災の経験と教訓発信  [2019年9月25日6面]

オープンした高田松原津波復興祈念公園

高円宮妃久子さま〈右〉らによる記念植樹

関係者によるテープカット

東日本大震災津波伝承館に展示されている津波で壊れた消防車

 東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市に国と県、市が整備を進めていた「高田松原津波復興祈念公園」の一部施設が完成し、22日にオープン式典が開かれた。震災の経験と教訓を末永く後世に伝えようと、国営追悼・祈念施設や震災津波伝承館を整備したほか、全壊した道の駅を再建した。宮城、福島を含む被災3県に整備する復興祈念公園では初のオープンとなり、県内外から多くの人が訪れた。
 式典には高円宮妃久子さまをはじめ、国や県、市の関係者ら約190人が出席。黙とうをささげた後、赤羽一嘉国土交通相は「被災地の復興への戦いは続いているが、東日本大震災からの復興の象徴、一里塚として地域の発展に大きく寄与する存在となることを期待する。国交省は引き続き東北の復興がさらに前進するよう総力を挙げて取り組む」とあいさつした。
 岩手県の達増拓也知事は「記憶の風化を防ぎ、国内や世界の防災力向上に貢献するには教訓の伝承と復興の姿の発信がますます重要になる。自然災害に強い社会を一緒に実現したい」と話した。陸前高田市の戸羽太市長は「本施設を核に街のにぎわいの創出を図りながら復興事業のさらなる進展と災害に強い安全・安心なまちづくりにまい進する」と決意を述べた。
 高円宮妃久子さまは「東日本大震災による大きな犠牲の下で、私たちは防災訓練や防災教育の重要性を強く認識し、過去の災害の記録と記憶を教訓として継承することがいかに大切かを学びました。犠牲者への追悼と鎮魂に思いを寄せる場所となり、東日本大震災の実情と教訓を広く国内外に、そして後世に伝承する場となることを心から願っています」と述べられた。
 田中和徳復興相と鈴木俊一衆院議員による来賓祝辞に続き、バイオリニストの式町水晶さんの演奏で高田第一中の3年生が復興支援ソング「花は咲く」を合唱。米崎小の児童2人とともにテープカットを行い、各施設のオープンを祝った。
 この後、参加者は献花台に花をささげ、奇跡の一本松の後継樹となる松の植樹が行われた。
 高田松原津波復興祈念公園(総面積約130ヘクタール)は津波の犠牲者を追悼・鎮魂し、震災の経験や教訓を継承するとともに、街づくりと一体となった地域のにぎわいを再生しようと、2017年3月に着工。東北地方整備局が国営追悼・祈念施設を整備し、献花台を設けた。津波で流された約7万本の高田松原で唯一残った「奇跡の一本松」を公開しているほか、防潮堤上には「海を望む場」を整備し、今後再生していく名勝高田松原や市街地を望むことができる。
 県などが整備を進めてきた「東日本大震災津波伝承館」(いわてTSUNAMIメモリアル)には道の駅「高田松原」を併設。伝承館の展示は「命を守り、海と大地と共に生きる」をテーマに四つのゾーンなどで構成し、津波で壊れた消防車や流出した橋桁の一部を展示している。三陸地方の津波災害の歴史や東日本大震災の復興の取り組みを映像や写真で紹介。初動対応に当たった東北整備局の災害対策室も再現した。
 道の駅には地元漁協などが食堂を出店した。カフェや農産物直売所などがあり、三陸沿岸地域の観光情報も提供。道の駅を拠点にした観光客の県内周遊を促進する。復興祈念公園は20年度までに全体の整備を終える予定。敷地内に残る震災遺構のうち旧気仙中学校の校舎と旧道の駅は21年度の内部公開を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。