技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/超軽量の炭素繊維強化プラスチック開発/技術センター構造部材に初適用  [2019年10月9日3面]

開発したT-CFRP Beam(FR)。鉄骨と比較して非常に軽く、手で持ち運べる

技術センター増築部分への適用イメージ

 大成建設は鉄骨の代わりに構造部材として使える超軽量な炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を開発し、横浜市戸塚区にある技術センターの増築工事に初適用した。鉄骨と同等の強度を持ちながら軽さは約5分の1。軽量化によって部材が人力で運べ、重機の搬入路が課題だったリニューアル工事の可能性が大幅に広がる。
 開発した「T-CFRP Beam(FR)」は炭素繊維に樹脂をコーティングした厚さ0・25ミリのシート材料を、任意に積層・成形して使う。建築物の用途に応じて部材の剛性や強度、形状を自由に設定できる。重量は1メートル当たり6キロで、重機が入れないような狭い場所にも手で運び込める。部材同士はH形鋼と同様に接合でき、大スパン化にも対応可能だ。
 技術センター建屋の増築工事では、増築部分の梁として活用した。燃えにくい木材や耐火被覆材などを使って独自の耐火被覆を施し、従来の部材と同等の耐火構造性能を確保した。
 リニューアルやリノベーションなどの既存建物の再利用が進む中、構造部材をどう施工箇所に運搬するかが課題になっている。搬入に重機が必要な重い部材は、重機が入れない空間では使えず、施工に制約があった。軽量なCFRPを構造部材に活用することで、施工空間の狭さなどを理由に実現できなかったリニューアルが可能になる。
 開発に携わった設計本部構造設計第二部長の服部敦志氏は「吹き抜け空間に床を張ったり屋上階に部屋を作ったりなど、リニューアルの可能性を広げる構造部材。今後は施工上の問題があって実現できず、潜在化していた顧客のニーズに応えていく」と話している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。