技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大林組、慶応大学/力触覚再現技術を重機に適用/感覚的に操作可能なシステム構築へ  [2019年10月11日3面]

グローブ型による検証の様子

 大林組と慶応大学は10日、実際に物に触れたような感覚で建設機械が操作できる力触覚再現技術「リアルハプティクス」の実証実験を行い、性能や作業性を確認したと発表した。レバー型とグローブ型の操作装置を油圧ショベルに搭載。最適な力加減で建設資材を握ったり、感覚的に操作できたりするという。アーム型装置の開発なども進め、建設重機全体を感覚的に操作できるシステムの実用化を目指す。=1面参照
 リアルハプティクス技術は、同大の大西公平特任教授が発明した。現実の物体や周辺環境との接触情報を双方向で伝送することで、物体に触った時に感じる硬さや柔らかさなどを、遠隔操作しているオペレーターの手元で再現する。力加減の倍率などを任意に設定することも可能。
 レバー型操作装置には、オペレーターが最適な力加減で建設資材を握って、その力加減を維持できる機能を搭載している。グローブ型操作装置では、手の動きと実機のグラップルの動きを同期させており、重機操縦に慣れてない場合でも感覚的に操作ができる。
 今回の実験では、油圧シャベル側の力を2000倍に、距離を16倍に設定してグラップルを稼働させ、試験体を把持した。厚さ0・5ミリの薄肉鋼管やH形鋼、木材など10種類の建設資材に適用したところ、いずれもオペレーターの手元で力触覚を再現でき、変形しやすい薄肉鋼管も、つぶすことなく運ぶことができた。力触覚を感じながら把持する方が、無い場合よりも作業効率が向上するという。既存の油圧駆動の重機に後付けシステムを搭載できるため、導入費用や期間は過大にならないとしている。
 大林組は、熟練オペレーターによる操作のデータ化を進め、重機の自動運転化や若年技能労働者のトレーニングへの活用にも生かしていく。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。