論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/スタイリッシュな作業服  [2019年10月15日1面]

 屋外作業が多い建設現場は温湿度をはじめ風、雨、雪などさまざまな自然環境に影響を受ける。現場で仕事をする人にとって作業服は欠かせないアイテムだ▼丈夫で安くて長持ちという、かつての作業服のイメージが最近変わりつつある。作業服や関連用品の専門店を展開するワークマンは高い機能性を保ちながら、カラフルでカジュアルな一般客向けウエアを投入。昨今のアウトドアブームもありキャンプを楽しむ人たちに受け入れられているそうだ▼一般客向けに作った商品は現場で働く人たちにも好評で、中でも若い職人が好んで着用しているという。作業服は地味というイメージは過去の話。「格好がダサい」では若い人も入職をちゅうちょしかねない▼ワークマンは先月、都内で2019年の秋冬新製品発表会を開いた。「過酷ファッションショー」と題し、モデルが歩くランウェイで荒天を再現。大雨や大雪を降らせて防寒服などの機能性をアピールした▼スタイリッシュな高機能ウエアのファッションショーから建設の世界を知ってもらうこともあろう。若い世代へのアプローチはもっと柔軟に考えた方がいい。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。