企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

積水ハウス/ベトナム・ハノイに住宅建設向け技能訓練施設設置/施工体制強化へ  [2019年10月21日3面]

 積水ハウスは18日、ベトナム・ハノイに住宅建設工事向けの技能訓練施設を設置すると発表した。同社によると住宅メーカーが同国に自社の施工訓練施設を設けるのは初めて。11月の開設を予定する。育成した人材を積和建設や積水ハウスの協力会社で受け入れ国内建築現場での施工体制を確保する。2022年には施設での育成を経て、積和建設や協力会社でのベトナム人の登用人数約300人を目指す。
 3日に日本と海外の企業や大学の連携支援を行うJIC協同組合支援協会と業務委託契約を締結した。訓練施設では基礎、外装躯体、内装仕上げなどの施工技術や積水ハウスの企業理念などを教育する。技能実習生は施設を出て来日した後にスムーズに実習を開始できる。
 施設での訓練中も来日後も技能実習生への支援を手厚くする。現地では技能訓練費用や日本語習得の授業料は積水ハウスが全額負担する。採用面接時には家族説明会を開催。日本滞在中は技能実習生1年目にかかる費用を援助し、24時間対応のウェブでのサポートシステムを受けられるようにする。技能検定合格に向けた支援や日本語教育ウェブサービスの費用補助なども行う。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。