工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

札幌市、JR北海道ら5者/北5西1・西2地区再開発/準備組合を設立  [2019年11月13日6面]

再開発ビルの機能構成イメージ

 札幌市とJR北海道らは11日、JR札幌駅周辺で再開発を計画している北5西1・西2地区の準備組合を設立した。北海道新幹線札幌開業(2030年度末)や札幌冬季五輪(30年)招致を見据えて29年秋の供用開始を予定し、22年度の都市計画決定を目指す。同日記者会見したJR北海道の島田修社長は「JRタワーより高層のビルを作りたい」と述べ、1日に東京・渋谷にオープンした渋谷スクランブルスクエアビルの地上47階建てを目指す考えを示した。
 再開発の対象となる北5西1街区は、JR札幌駅南口前に位置する中央区北5西1の1ほかの約1万2100平方メートルの市有地で、現在は駐車場や駐輪場として利用されている。隣接する中央区北5西2の1の北5西2街区は、商業施設エスタとバスターミナルがある約1万0500平方メートルの敷地で、JR北海道と関連会社が所有する。
 基本構想案をみると、再開発ビルには、国際水準のホテルや高機能オフィス、にぎわいを生む商業機能などの導入を想定。西1街区は高度利用を図る一方で、西2街区のビルは高さを抑える方針。両街区の1階部分に22~25バースのバスターミナルを再整備し、両街区の再開発ビルは、街区を分断する西2丁目通の上空を含め、北5東1に新設予定の新幹線駅舎から面的に連続した整備をイメージしている。
 同日設立した「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合」は札幌市とJR北海道、札幌駅総合開発、ジェイ・アール北海道バス、JR北海道ホテルズの5者で構成。理事長に吉岡亨札幌市副市長、副理事長に小山俊幸JR北海道取締役副社長が就任した。
 今後は20年度上期に基本計画を策定し、同下期から23年度上期までに基本・実施設計を進める。22年度に都市計画決定を受け、23年度に事業認可・再開発組合設立後、着工する、29年秋の供用開始を目指す。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。