工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JR東海/リニア新幹線日吉トンネル本線掘削現場(岐阜県瑞浪市)を初公開  [2019年11月27日1面]

安全対策を徹底している切羽(東側)

 JR東海は26日、岐阜県瑞浪市で掘削工事を進めているリニア中央新幹線のトンネル現場を報道陣に公開した。本線の掘削現場を公開するのは初めて。中央新幹線岐阜工事事務所の加藤覚多治見分室室長は「工期内に掘り上げる。心配はしていない。工事の安全や環境の保全、地域との連携を重視して着実に作業を進めたい」と話した。
 公開したのは「中央新幹線日吉トンネル新設(南垣外工区)」工事の現場。延長14・5キロの日吉トンネル(岐阜県恵那市~御嵩町)のうち、7・4キロを構築する。施工は清水建設・大日本土木・青木あすなろ建設JV。2018年10月に0・4キロの斜坑掘削が完了し、同10月中旬から本線の掘削を開始した。本線の掘削断面は約100平方メートル。26日時点で西側230メートル、東側660メートルを掘削した。
 現場は土被りが30~140メートルとなり、河川の下も掘削する。
 加藤室長は「今は水が多く出ておらずありがたい。地山が悪くなることも想定し、適切な補助工法を採用するなど、状況を確認しながら掘り進めたい」と意欲を見せた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。