技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関電工/電圧など測定記録を効率化するシステムを開発/20年3月に販売開始  [2019年11月28日3面]

 関電工は、照度や電圧などの測定・記録を支援するシステム「BLuE」を2020年3月に一般販売する。測定器とパソコンを近距離無線通信技術(ブルートゥース)でつなぎ、測定値のデータをエクセルの帳票やAutoCADの図面に反映し、自動入力できるアドインソフト。測定と同時に報告書が出来上がり、作業の効率化が図れる。初弾として、三和電気計器の電圧・電流測定器「デジタルマルチメータ」や共立電気計器の絶縁抵抗測定器に対応させる。
 工事に伴う測定業務の効率化と品質向上が狙い。従来は測定器の計測値を記録表に手書きで記入してから、パソコンに入力していた。記入漏れや書き間違いなどヒューマンエラーが防止でき品質向上につながる。計測器の型番に対応したシステムを提供するため、利用者にとって分かりやすい仕様になるという。価格は固まっていないが、年間ライセンスで数千~1万円を目安として想定している。
 関電工では今年4月から各現場で試行的に使用してきた。3階建ての建物で約600点を計測した実証実験では、従来は約30時間かかっていた測定記録業務が、8~10時間程度削減できたという。同社は、大規模な建物ほど生産性向上の効果が大きいと見ている。
 今後は、対応測定器を増やすことや、測定業務を1人だけで行えるようなシステムの利用を検討する。将来的には省人化やドローン(小型無人機)を使った測定業務の自動化も視野に入れ、開発を進める。電気工事会社がこうしたシステムを主体的に開発したのは初めてで、「手探り状態でチャレンジ的な要素もある」(同社)としている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。