技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大林組ら/AI強化学習でAMD制御を最適化へ/高層ビルでの実用化めざす  [2019年12月12日3面]

AMDを設置した技術研究所のブリッジ

 大林組らは、重りを動かして建物の揺れを抑制するAMD(アクティブ・マス・ダンパー)を人工知能(AI)により高性能に制御する技術の実用化を目指す。AIが試行錯誤しながら望ましい行動を学習する「強化学習」を適用している点が特徴。建物の頂部にAIの強化学習を適用したAMDを設置して地震や風による高層建物の揺れを抑える構想で、実現へ開発を進める。
 制御技術は、人工知能などを手掛けるLaboro.AI(東京都中央区、椎橋徹夫代表取締役最高経営責任者〈CEO〉)と共同で開発した。
 コンピューターで揺れをシミュレーションすることにより試行錯誤を実施。シミュレーションの段階から装置の能力や実際の環境などを組み込んだ上で学習を進めるため、理論に基づいて制御を考える従来方法を適用した場合と比べて、より実際の環境に適応した対応が可能になるという。その結果、高い制振効果を得ることができるとしている。
 両社は、東京都清瀬市の大林組技術研究所内にある歩行者用連絡通路橋に試験的に適用した。▽AMDが無い場合▽従来理論の場合▽強化学習の場合-の3パターンで比較したところ、強化学習の結果が従来の理論による結果を上回ることを確認した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。