企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/4月から作業着などリニューアル/フルハーネス義務化に対応  [2020年1月9日3面]

ヘルメットはひさしを透明にすることで顔を上げなくても上方を見やすくした。目を保護する透明なワイドシールドは希望者にオプションとして支給する

 大成建設は作業着、ヘルメットなどを約30年ぶりにリニューアルした。「夏は涼しく、冬は暖かく」をコンセプトに着心地の良い素材や生地に見直した。ヘルメットはひさし部分を透明にすることで上方の視界を確保。さらに通気口を設けて夏場の蒸れ対策を施した。4月から着用を開始し、グループ会社にも展開していく。
 リニューアルしたのは作業着のシャツ、ズボン、ブルゾン、防寒服、ヘルメットの5種類。作業着はポケットの数を増やし、フルハーネス着用時でも使えるようにした。生地は通気性、伸縮性、吸汗性などに優れたものを採用。作業現場での動きやすさや着用時の快適さを追求した。
 デザインはコーポレートカラーのブルー、グリーン、オレンジをブルゾンやシャツに配色。これまでのオーバーシルエットを見直し、ウエストが最大9センチ伸びる伸縮性の高いズボンでスマートで動きやすいスタイリッシュなデザインにした。
 ヘルメットは現場の作業環境に応じて収納式のワイドシールドを備えたタイプも選択できるようにし、着用時に飛来物から目を保護できるようにした。あごひもはクリアタイプに変更し、日焼けの跡が残らないように配慮した。
 今回のリニューアルに続き、今夏以降に空調服タイプのブルゾンや寒冷地対応の防寒着なども順次新調する。

コメント

  • ソレーユ より:

    写真のように女性も着用するならば、男性仕様ではなく肩幅が狭く肩も丸く筋力が男性よりも弱い女性仕様もあるのだろうか。ガタイのいい女性でも単にSizeUpしただけでは袖丈も長すぎるし肩幅も、また、胸部の厚みも違い、作業服の中で身体の動きにかなりの制限が出る。毎日のように建設業界への女性活用!!と目にする。一考いただきたいものだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。