行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

厚労省/フルハーネス型安全帯のPR動画作成/早期買い替え・着用呼び掛け  [2020年1月14日1面]

PR動画で早期買い替えを呼び掛ける

 厚生労働省はフルハーネス型墜落制止用器具(安全帯)への早期買い替えなど普及啓発を目的とするPR動画を作成した。建設関係団体のほか団体に所属していない中小事業者、一人親方などにも一層の周知を図る。英語版も用意し、近年増加する外国人材の労働災害防止にも役立てる。
 「愛のハーネス」と題する動画は、厚労省ホームページの「職場のあんぜんサイト」(https://anzeninfo.mhlw.go.jp/information/kyozaishiryo.html)で公開している。
 高所作業を伴う建設現場などでフルハーネス型安全帯の着用を原則化する改正労働安全衛生法令が2019年2月に施行された。厚労省はリーフレットなどを通じた周知のほか、中小事業者や一人親方など財政的に厳しい事業者・個人の買い替えなどを補助金事業で支援。20年度予算案では7億21百万円(前年度比77.6%増)を計上している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。