論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/暖冬と建設業の関係  [2020年1月21日1面]

 暖冬傾向が続く今シーズン。偏西風が北に蛇行しやすいパターンによって寒気が南下しにくくなり、全国的に気温の高い状態が続いているそうだ▼北海道や東北、北陸でもまとまった降雪は少ない。雪不足は観光産業などにじわりと影響を与えている。今月31日に雪まつりの開催をひかえる札幌市。準備が本格化する中で、雪の確保に苦労しているという▼市の雪まつり担当者によると、雪像作りなどで必要な雪の量は5トントラックで5016台分。例年であれば市の郊外で確保できるのだが今冬はそれがままならず、100キロ以上離れたニセコ町などまで雪集めの足を伸ばしたそう。「大雪像の雪は何とか確保できた」と胸をなで下ろしていた▼気象庁の1カ月予報によると、暖冬は今後も続くという。降雪が少なければ除雪作業の出動も限られているのではと思い、国土交通省の出先事務所に問い合わせみた。すると回答は「雪が少なくても路面の凍結などがあるので出動してもらっている」▼雪が多くても少なくても待機している地域建設業の方々は苦労が絶えないはず。備えあれば憂い無しを支えていることに感謝したい。

このジャンルの最新記事

コメント

  • 札幌市民 より:

    雪まつりなんてやめればいいのに。と思っている市民は多い。観光収入●●千万円と毎年発表されるが、そのお金?どこに落ちてるの?と思う。雪まつりに関わる税金投入!!●●億円というのはすっかり蚊帳の外。ニュースにもならない。今回は特に遠くから雪を運んだからね。もっともっとかかっているはず。オリンピックだって突然!!目の前に現れた怪獣のように出没した話。いったい裏で、どこからどこにお金が動き、誰がいい思いをしてるんでろうねって市民は思う。それにしても自分たちの税金がいいように使われているのは不愉快だ。札幌市は特にオペラハウス作ると宣言した市長の時から除雪費用削減。住宅街の中通りは除雪しない。市民でやれとはっきり言った。毎年々々かなりの数、地方から高齢者が札幌に入ってくるのだ。雪まつり使う税金を市民生活を守るために使ってほしいけどね。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。