工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

ワタミ/岩手県陸前高田市に野外音楽堂建設/設計は隈研吾氏、22年3月開業めざす  [2020年1月28日1面]

野外音楽堂の建設を発表する(左から)戸羽氏、隈氏、渡邉氏=26日、陸前高田市の建設予定地で

 ワタミ(東京都大田区、清水邦晃社長兼最高執行責任者〈COO〉)は、岩手県陸前高田市で建設中のテーマパーク施設「ワタミオーガニックランド」内に国内最大級の野外音楽堂を建設する。最大で約5万人が収容できる。デザイン・設計を建築家の隈研吾氏が手掛ける。2022年3月11日の開業を目指す。施工者は未定。投資額は約2億円。
 野外音楽堂の建設計画は、ワタミの渡邉美樹代表取締役会長兼グループ最高経営責任者(CEO)と陸前高田市の戸羽太市長、デザイン・設計を担当する隈氏が26日にそろって建設予定地で発表した。
 建設予定地は陸前高田市気仙町今泉北地区で建設している国内初の有機農業をテーマにしたワタミオーガニックランド内。野外音楽堂は「ワタミオーガニックランド野外音楽堂」として開業する。県内外から集客が見込める大規模な音楽イベントをはじめ、地域の団体や学校の催しものなども開催する予定。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。