論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/料理と物書き  [2020年2月5日1面]

 元上司で、いまは退職されたSさんと久しぶりに杯を交わした。互いの近況を語る中で、Sさんが「毎日料理をしている」と聞き驚いた▼現役時代、記事を書いては酒をあおり、台所に立つことなど到底想像もつかない人だった。Sさんいわく「料理は記事を書く行為に似ている。一つずつ食材を集め自分で考えながら味付けする。時にはスパイスを効かせ、時には甘辛に仕立てる。記事もそうだろう」▼確かに物書きの中には料理好きが多い。その代表が作家の檀一雄(1912~76年)だろう。著書『檀流クッキング』(中公文庫)には肉ちまきやイワシの煮付け、イモ棒、大正コロッケなど庶民向けのレシピが並ぶ▼檀氏の担当編集者でもあった嵐山光三郎氏は、料理好きの理由を「自らの狂気を防ぎ、自己救済していた」(『文人悪食』新潮文庫)と見る。ベストセラー『火宅の人』(新潮文庫)は修羅の場面が続くが、どこかで冷静に物事を捉える視点がなければ書けない。心の鎮静剤が料理だったと分析する▼それぞれの素材の特徴を生かし、煮込んだり焼いたり蒸したり。そんな多彩な記事はいつになったら書けるのか。

このジャンルの最新記事

コメント

  • 匿名 より:

    物事を深く考える人に料理好きは多い。タモリも然り。文人たちは美食家・大食漢が多い。夏目漱石、田山花袋、滋賀直哉など。自らの狂気のはけ口と言ったところなのか。みんな身体を壊しつつやめない。とても興味深い。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。