論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/冬の風物詩が消える!?  [2020年2月6日1面]

 暖冬で記録的な雪不足の中、北海道を代表する冬のイベントである「さっぽろ雪まつり」が4日開幕した。札幌市の大通公園を中心に、大小さまざまな雪像や氷像を展示。今週は寒気が流れ込んで雪が降りやすくなり、雪国らしさが戻りそうだ▼少雪で準備する側も例年以上に苦労した。雪の搬入作業を前倒しで始めたり、より遠い場所から雪を運び出したりするなど、雪の確保に奔走。雪の滑り台は計画より規模を小さくしたという▼毎年、国内外から多くの観光客が訪れる雪まつりだが、世界中で感染が広がる新型コロナウイルスが盛り上がりに水を差す。会場では消毒液の設置など感染防止対策を行うが、観光客は感染リスクから人混みを避ける傾向にある。恒例の雪像見学を中止する小学校も少なくないようだ▼降雪量の減少は温暖化が要因との指摘もある。遠くない将来、雪国で行われてきた冬の風物詩が姿を消すことになるかもしれない▼札幌市では2030年冬季五輪・パラリンピックの招致活動が今後本格化する。雪不足は開催の懸念材料。気候変動を抑える環境保全の取り組みに一段と力を入れる必要がある。

このジャンルの最新記事

コメント

  • 匿名 より:

    大雪が降った。除雪が追いつかない札幌市だが、市長は雪祭りに除雪費用予算をまわしてしまい、既に予算は使い切っているという。市民には怒りしかない雪まつりと冬期オリンピック誘致。市税の納税者は誰も望んではいないのだ。いつも行政は上と金しか見ていない。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。