技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/オフィス内の個人所在位置を高精度に特定/次世代人検知システムを開発  [2020年2月14日3面]

T-Zone Saver Connectedの概念図

 大成建設は、オフィス内で働く人の位置が高精度に特定できる次世代人検知システム「T-Zone Saver Connected」を開発した。位置の特定には小型発信機(ビーコン)を利用。居場所のリアルタイム検索や、各個人の好みに応じた空調や照明の設定といったサービスが可能。建物内のさまざまなデータを一元的に収集するプラットフォームとしても利用できる。勤務者の生産性や満足度を高める執務環境の創出につながる基礎技術として、建物への適用を進める。
 エリア内での人の在席の有無を識別できる検知技術「T-Zone Saver」を改良したもの。近距離無線通信技術(ブルートゥース)を用いて個人を特定できるIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「EXBeacon」と併用することで、約1・8メートル四方の範囲で個人を特定できるようにした。個人を特定するためのアルゴリズムは、早稲田大学の林泰弘研究室と共同で開発した。物の位置や温度・湿度などを含めて、ビル内のビッグデータを一元的に収集・利活用できる。
 技術センター(横浜市戸塚区)のZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)実証棟で実験を始めている。オフィスに限らず、幅広いサービスに生かせるとみており、さらに使いやすいスマートオフィスの実現につなげていく。
 フリーアドレスの導入といった働き方の変化や、知的生産性向上・ウェルネスに対するニーズの高まりなどを背景に、個人の好みに応じた働く空間のカスタマイズなどが求められている。そのためには個人の所在位置の特定が必要となるため、開発を進めてきた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。