論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/人間力の鍛錬が必要  [2020年2月18日1面]

 先日、高校と大学、そしてアルバイトも一緒だった後輩と久々に会った。用件はその後輩に任せている自動車保険の更新手続きだったのだが、互いの近況も伝え合った▼保険会社でバリバリ働き、母親として子育ても熱心だった後輩。中学生になった子どもがどうしているのか聞いたところ「学校に通う意味が分からないという理由で家にいることが多い」とこぼしていた▼どうして学校に通うのか。多感な時期の子どもにどう伝えればいいのか。頭ごなしに叱っても駄目だろうし、なだめすかしても良い方向に行くとは限らない…。改めて対応の難しさを感じた▼宮崎県延岡市は教育や子育てで関係の深い家庭と学校、地域に加えて、もう一つの学校として「延岡こども未来創造機構(仮称)」の設立を目指しているそうだ。より高度な勉強ができる環境を整えたり、学校でつまずいた時の受け皿になったり。読谷洋司市長は「第4の存在であるもう一つの学校によって、勉強だけでなく心や人間力を育てる仕組みを具体的に作っていく」と狙いを話す▼困っていた後輩に的確なアドバイスができたのか-。今も自問自答している。

このジャンルの最新記事

コメント

  • 匿名 より:

    なぜ高校に行かなくてはならないのか?と知り合いの中学生に真剣に問われ、答えに窮したことがあった。夢も希望もない現代社会でやりたいことの幅が広がるだの仕事を選べるだのと言ったところで説得力は無かった。実際、大人が仕事をなくし、希望をなくしているのになんと現実味のないことか?と感じた。夢を持てる社会にできなかった私たち、大人の責任に間違いないのだが。。。

  • 匿名 より:

    なぜ学校に行くのか?という疑問も持たず高校、大学と進んだ時代は遠き昔。希望のない社会を作ったわれわれ大人は猛省せねばならぬ。若い人には希望ある未来を、高齢者には安心の暮らしを、小さき子には楽しい日々をー願ったのは星新一のショートショートだったか。私たちに光ある未来はない。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。