論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/終わりのない戦い  [2020年2月20日1面]

 人類を脅かす感染症のパンデミック(世界的大流行)。目に見えない病原性の微生物が引き起こす感染症の中には、重篤な症状に陥り、命の危険が高いものも少なくない▼原因が解明されず、治療方法も十分に確立されていない時代は世界を恐怖に陥れ、社会・経済活動に大きな影響を与えた。14世紀に大流行したペストは「黒死病」と呼ばれ、ヨーロッパだけで域内人口の4分の1~3分の1に当たる2500万人が死亡したという▼感染症と長年闘ってきた人類が唯一根絶したのが天然痘。紀元前のエジプトのミイラに感染した痕跡が見られ、日本でも6世紀から周期的に流行を繰り返す。20世紀に入って世界規模でワクチンの接種が進み、1980年に世界保健機関(WHO)が根絶を宣言した▼対処方法を確立しても病原体の耐性が強まったり新たな病原体が発生したりと、感染症との闘いは終わりがない。世界で猛威を振るう新型コロナウイルスも、長い歴史の一幕に過ぎない▼感染拡大を懸念し、多くの人たちが集まるイベントなどの自粛ムードが広がる。判断の見極めが難しい局面だが、後手に回らないことを願いたい。

このジャンルの最新記事

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。