企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

トヨタ、NTT/スマートシティー分野で業務資本提携/共同プラットフォーム構築へ  [2020年3月25日1面]

握手する豊田社長〈左〉と澤田社長

 トヨタ自動車とNTTは24日、スマートシティー実現の基盤となる「スマートシティプラットフォーム」を共同で構築・運営するため、業務・資本提携を締結したと発表した。トヨタが静岡県裾野市で計画している実証都市「Woven City(ウーブン・シティ)」と東京都港区の品川駅前NTT街区の一部で先行実施する。その後、連鎖的に他都市への展開を図る。
 両社は約2000億円ずつ出資し長期的に連携を図る。プラットフォームは、スマートシティーのデータマネジメントや情報流通、これらに基づく「デジタルツイン」などで構成。住民や企業、地方自治体などに対する価値提供の基盤として位置付ける。他都市のスマートシティーと連携する基盤となることを目指す。
 同日に東京都内で会見したNTTの澤田純社長は「スマートシティーの社会基盤を一緒に作り上げ、東冨士から世界へ広げていきたい」と述べた。トヨタの豊田章男社長は「日本を背負うという気概を持ち、多くの仲間を巻き込みながらプラットフォームをつくりたい。日本のプレゼンスを高めることにもつながる」と語った。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。