技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/木質系材料使った耐震工法を開発・実用化/意匠性と耐震性を両立  [2020年4月3日3面]

 大成建設は集成材やCLT(直交集成板)などの木質系材料と鋼板を組み合わせた耐震工法を開発した。新築、既存問わず適用できる。木材を使用して意匠性を高めながら、従来の耐震部材と同等の構造性能が確保可能だ。木材の形状や配置、格子の角度などの組み合わせで多様な配置パターンを実現し、デザインの自由度も高まる。
 開発した「T-WOOD BRACE(Tウッド・ブレース)」は、鋼板を斜め格子状に組んだブレースの枠内に集成材やCLTなどの木質系材料を配置した。配置した集成材やCLTが鋼板ブレースの圧縮強度を高める座屈補剛材の役割を果たすことで、従来の耐震部材と同等の構造性能を持つ。
 鋼板の斜め格子の角度や間隔、木質系材料の形状・配置との組み合わせ次第でさまざまなデザインを実現できる。格子に厚みを持たせることで、外からの目隠しとしても機能する。RC造やS造の新築・改修工事に適用できる。国産・地域産の木材利用により、ぬくもりある木質空間を創出でき、木材利用の促進につながる。
 横浜市戸塚区の同社技術センター本館の改修工事に適用済み。現在建設中の米原市統合庁舎(滋賀県米原市)の新築工事で玄関部分にも採用されている。
 今後は同社が展開する木材利用技術「T-WOODシリーズ」の一つとして、公共施設や文化施設などを中心に提案していく。
 従来の耐震建物は鉄骨ブレースやRC壁を設置して耐震性能を確保するが、これらの耐震部材は意匠性が乏しく、見た目が画一的になってしまう。既存建物に耐震部材を追加設置する補強工事の場合は建物の意匠性が損なわれることが課題となっていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。