工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

長谷工コーポ/ニッピ工場跡地開発(東京都足立区)/21年にも超高層マンション着工  [2020年4月27日3面]

 長谷工コーポレーションが東京都足立区のニッピ工場跡地で計画する超高層マンションの概要が明らかになった。住戸数は約450戸を計画し、定員60人以上の認可保育所なども設ける予定。高さ150メートル程度を見込んでおり、規模は今後詰める。2025年の完成を目指し、21年にも本体工事に着手する方針だ。
 計画地は千住橋戸町1の5ほか(敷地面積約8900平方メートル)。用途は第1種住居地域。ニッピらが段階的に譲渡している工場跡地など(約9・4ヘクタール)の一部で、A~Kの11街区のうちのE街区に当たる。
 長谷工コーポレーションとニッピは3月27日に73億4000万円で譲渡契約を結んだ。引き渡し日は27日を予定する。他街区には商業施設「ポンテポルタ千住」、高層マンション、ニッピの本社や工場が完成している。医療施設などの誘致も計画している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。