技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

プロドローン、東京大学/海洋観測用ドローンを開発/2機種、コスト抑え調査効率化  [2020年5月15日3面]

 産業用ドローン(小型無人機)の製造、販売などを手掛けるプロドローン(名古屋市天白区、河野雅一社長)と東京大学生産技術研究所が、海中や海底を短時間で効率的に観測できるドローン2機種を開発した。観測機器の自動投下機能や海面保持機能などを備えた。従来の海洋調査に比べコストも抑える。静岡県焼津市の海岸で実験も行い、悪天候下でも正しく機能することを確認した。
 開発した2機種のドローンのうち、一つは海洋観測機器の自動投下とデータ収録機能を搭載した。陸上での運用で培った定点保持・自動航行機能を応用。陸上にいる観測者が遠隔で観測スイッチを押せるように設計している。港湾や養殖場など海岸付近の海域だけでなく、船舶を使うことで遠洋域でも同時に複数の海洋状況を把握できる。実験では機材の投下位置の正確性を確認。15分ごとにドローンを飛ばし海中に機器を投下したところ、すべて同じ地点のデータを取得することができた。
 もうひとつのドローンには着水機能を装備。高精度GNSS(全球測位衛星システム)によって観測したい位置に正確に着水できる。実験で機体保持機能や位置データなどを検証し、海面や海中、海底観測に必要な情報が得られることを確認した。
 海洋状況や海底地形の把握は研究や産業推進にとって欠かせない作業。これまでは船舶やブイを使うケースが多く、データ通信の遅さや機動力不足が課題だった。今後は実用化に向け、ドローンのさらなる改良などを行う。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。