企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

新型コロナウイルス/アジア航測、全社員に特別手当支給/在宅勤務の費用負担軽減  [2020年5月19日1面]

 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、アジア航測がパートやアルバイトを含む全社員に一律3万円の特別手当を支給する。在宅勤務を行う社員が必要とする備品の購入費や光熱水費などに充ててもらい、社員の費用負担を軽減する。早ければ月内に支給する予定だ。
 同社が支給する「新型コロナ対応特別手当」は、取締役を除く社員約1500人が対象。在宅勤務で必要となる通信機器や光熱水費といった必要経費を補助し、仕事に対するモチベーションアップにつなげる。
 4月7日の緊急事態宣言発令以降、同社は勤務区分を▽在宅勤務(テレワーク)▽自宅待機▽限定出社-に分けて事業を継続。事務所への出勤率を3割未満に抑えるなど、感染拡大の防止に努めている。在宅勤務へのスムーズな移行を進め、社員の安全・安心と事業継続を両立する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。