工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

25年万博協会/会場整備発注者支援業務/山下PMCJVに  [2020年5月27日1面]

 2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)協会(中西宏明会長)は、「2025年日本国際博覧会プロジェクトマネジメント支援業務」の委託先を決める公募型プロポーザルで、最優秀提案者に山下PMC・阪急コンストラクション・マネジメントJVを選定した。契約上限金額(税込み)は1億3370万円。契約締結後、山下PMCJVは会場整備工事の発注や設計などで同協会を支援する。履行期間は21年3月15日まで。
 会場整備に必要な基本・実施設計、施工の各段階で必要となるPM(プロジェクトマネジメント)業務を任せる。提案者の▽実績(配点20点)▽プロジェクト実施体制(30点)▽価格(10点)-などを100点満点で評価。学識経験者3人で構成する評価委員会が審査した。
 最優秀提案者に決まった山下PMCJVの評価点は88点。提案金額(税込み)は1億3200万円だった。豊富なマネジメント経験に加え、プロジェクト管理で重要な点を踏まえた提案内容が高い評価を受けた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。