論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/感染予防対策と自然災害対応  [2020年5月27日1面]

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言が全国で解除された。ウイルスがいなくなったわけではなく、感染予防に注意を払いながら、少しずつ日常を取り戻していくしかない▼米ミシガン州で二つのダムが決壊し、約1万人の住民が避難したというニュースを時事通信が先週配信していた。インターネットで見た決壊時のダムはアースダムの余水吐き近くの土手が壊れ、濁流が下流に押し寄せていた▼同州のウィットマー知事は「500年に1度」の洪水とし、緊急事態宣言を発令。避難所に向かう人たちにソーシャルディスタンシング(対人距離の確保)を指示するとともに、マスクの着用を呼び掛けた▼日本も決して対岸の火事ではない。これから出水期を迎え、台風も襲来するだろう。19日には福島県沖や岐阜県飛騨地方などで最大震度4の地震が観測された。災害列島の日本ではいつ自然災害が起きるか分からない▼感染予防対策と自然災害対応。この二つをどう両立していくのか。検討を開始した自治体もある。今までとは違う避難行動が求められるが、両対策とも基本は「自分の身は自分で守る」ということに間違いない。

コメント

  • 匿名 より:

    ここのところ地球は自然災害なのか人的災害なのか微妙な災害が増えている。なにが起きるかわからない時代に生きていくのは容易ではない。日本政府は国民のことなど蚊帳の外。一昨年、昨年の傷跡が未だ残る地域も少なくない。今回の新型コロナも金は出さずに口は出す。自分の身は自分で守る?できるわけがない。これだけ国に搾取されているのに。市井の人々は今を生きるのに精いっぱいの金しか与えられていないのだ。

  • 匿名 より:

    政府からの給付や支援など与えられたものに感謝せず、得られないものに不満を言うだけの利己的な人間が増えている気がする。雰囲気だけに流されてマスコミの報道を鵜呑みにする前に、政治・経済・社会への地道な勉強が必要と考える。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。