技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島、コマツ/世界初のハイブリッド型掘削機が稼働/新潟県内トンネル現場に導入  [2020年5月28日1面]

バケット式掘削機が出たNATMモード

 トンネルボーリングマシン(TBM)とNATMの良いとこ取りで効率掘進-。鹿島とコマツは27日、共同開発した世界初となるハイブリッド型トンネル掘削機を新潟県糸魚川市のトンネル工事に導入し、順調に稼働していると発表した。通常はTBMモードで掘進し、不良地山に当たった場合はNATMモードに切り替える。1月にTBMモードで掘進を始め、全長約4キロのうち約1・3キロ地点まで到達した。これから不良地山が出てくる見通しで、両モードを駆使し2021年4月の掘進完了を目指す。 
 適用したハイブリッド型トンネル掘削機「NATBM(ナトビーエム)」は、高速掘進が特長のTBMと、地質が複雑な日本の地山に柔軟に対応可能なNATMの機能を兼ね備えた。硬質な地山ではTBMモードで高速掘削を行う。
 不良地山に到達するとマシンを後退させて前方に掘削スペースを確保し、カッターヘッドを開口してNATMモードに切り替える。掘削機内部に装備しているバケット式掘削機を外に出して掘削し、支保を構築しながら掘進する。1・5日でTBMからNATMにモードチェンジできるという。
 鹿島・佐藤工業JVが施工する「新姫川第六発電所新設工事のうち土木工事(II工区)」(発注者・黒部川電力)に初めて導入した。TBM区間約3・8キロ、NATM区間約0・2キロを想定。地山は硬質な砂岩や泥岩が主体だが、従来のTBMでは掘削が困難な亀裂の多い粘板岩、過大な変位が懸念される蛇紋岩など不良地山が複数箇所に存在すると予測している。工期は17年7月~22年10月。

コメント

  • 浜田清一 より:

    どんどん技術が進歩していることにびっくりしています。
    ぜひとも見学してみたい施工場所ですね。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。