行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

土木学会/『鉄道インフラメンテナンス図鑑』発刊/大切で地道な役割を分かりやすく  [2020年5月28日1面]

 土木学会(林康雄会長)は鉄道インフラの維持管理・更新にスポットを当てた日本初の書籍『鉄道インフラメンテナンス図鑑』=画像は表紙=を6月8日に発売する。鉄道インフラの中でも土木構造物と軌道がどのように守られているか、新しい事例とともに紹介。一般の人たちには見えにくいが、「鉄道施設のドクター」と言われる大切で地道な役割を、イラストや写真で分かりやすく伝える。
 価格(税込み)は一般1320円、会員1190円。12月末までに「図書購入注文書」で注文すると期間限定価格の1000円で購入できる。
 書籍の発刊は2019年度会長特別委員会「インフラメンテナンス(鉄道)特別委員会」の活動成果の一つ。メンテナンスを長年体系的に実施している「鉄道」を対象にした委員会。鉄道メンテナンスについて現状分析するとともに、今後の在り方を議論。6月8日に成果報告シンポジウムをオンラインで開催する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。