技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

近畿整備局/国内最大規模の静的載荷試験実施/大阪湾岸道路西伸部海上橋梁の地盤評価  [2020年5月29日10面]

静的載荷試験状況

 近畿地方整備局港湾空港部は現在、大阪湾岸道路西伸部事業で、海底地盤の橋梁基礎支持層の把握を目的とした杭の鉛直載荷試験に現地着手している。試験で得られたデータを踏まえ、基礎設計や施工方法の検討に生かすのが狙い。大口径鋼管杭を用いて衝撃載荷と静的載荷、急速載荷の3方式で行うもので、国内最大規模の試験工事となる。このうち衝撃載荷試験は3月25日~4月2日に実施。28日は今回の試験で最も大規模となる静的載荷試験を行った。
 長大橋は新港・灘浜航路部(六甲アイランド~ポートアイランド)と神戸西航路部(ポートアイランド~和田岬)の2区間に計画。主塔部の基礎形式は矩形の鋼管矢板基礎を採用する。同形式では国内最大の宮城県気仙沼市の気仙沼湾横断橋(縦40メートル×横30メートル)を上回る規模になるという。
 鉛直載荷試験は新港・灘浜航路部の2P主塔位置(神戸市灘区摩耶埠頭沖)で実施する。使用する大口径鋼管杭は直径1500ミリ、長さ60メートルで、打ち込み深度はマイナス約55メートル。長大橋2区間では洪積層が基礎支持層に相当するが、砂礫(れき)と粘性土の不均質な互層状態であるため支持層の評価が難しい。このため、3工法の鉛直載荷試験を通して地盤条件の正確なデータ把握につなげる。
 載荷試験の施工は東亜建設工業・不動テトラJVが担当する。静的載荷試験では打設した鋼管杭の杭頭に油圧ジャッキ、上部にジャッキを支える載荷桁と反力桁をそれぞれ設置。最大約3万キロニュートン(N)に及ぶ荷重載荷で押し込み試験を実施し、地盤強度の評価を行った。
 急速載荷試験は6月中旬に行う予定。3工法で得られたデータの検証を行い、コスト縮減に配慮しつつ他の主塔位置での試験実施も検討する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。