行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日建連意見交換会・中国地区/中国整備局、PCaの工期短縮効果の評価導入  [2020年6月1日1面]

 日本建設業連合会(日建連、山内隆司会長)と国土交通省中国地方整備局など公共発注機関との中国地区の意見交換会が5月28日にテレビ会議システムで行われた。
 日建連は働き方改革と新型コロナウイルスの感染防止の両面から、提出種類の削減が必要だと訴えた。中国整備局は四国整備局の取り組みを参考に「土木工事書類作成マニュアルにおける工事書類適正化の手引き(案)」を昨年作成し、不要な資料を明確にしたと説明。週休2日試行工事で工期変更が生じた際に「変更後も週休2日を考慮した工期設定とする」と仕様書に明示する方針を示した。
 設計段階からコンクリート構造物のプレキャスト(PCa)の活用を図るため、現場打ちと比較した工期短縮効果を金額換算して評価する手法を「土木工事設計マニュアル」に掲載したことも紹介した。
 関東整備局が昨年始めた「労務費見積り尊重宣言」促進モデル工事を本官工事で2件発注する。意見交換での試行の表明は関西と四国に続き、3番目となる。水谷誠中国整備局長は「他整備局の良い事例に合わせようと取り組んできた。今後効果を検証していきたい」と述べた。
 公共工事の諸課題に関する日建連の中国地区意見交換会の出席者と傍聴参加者は次の通り。
 【出席者】〈日本建設業連合会〉宮本洋一副会長(土木本部長、復旧・復興対策特別委員長、日建連表彰委員長)▽清水琢三副会長(土木本部副本部長、災害対策委員長)▽竹中康一理事(土木本部副本部長、安全対策本部長)▽新井英雄理事(土木本部副本部長、けんせつ小町委員長)▽茅野正恭公共工事委員長▽田中茂義公共契約委員長▽佐藤健人公共積算委員長▽山中庸彦インフラ再生委員長▽小池剛専務理事▽伊勢田敏常務執行役
 〈国土交通省中国地方整備局〉水谷誠局長▽冨田耕司副局長▽富岡誠司副局長▽八尋裕企画部長▽岩崎福久河川部長▽松浦利之道路部長▽坂井功港湾空港部長▽安野聡技術調整管理官▽山崎彰技術管理課長
 【傍聴参加者】
 〈自治体など〉草野愼一鳥取県県土整備部長▽真田晃宏島根県土木部長▽原田一郎岡山県土木部長▽細羽則生広島県土木建築局総括官(建設企画)▽森岡弘道山口県土木建築部審議監▽中村純広島市都市整備局長▽林恭生岡山市都市整備局長▽桑野修西日本高速道路中国支社建設・改築事業部長▽向井隆一広島高速道路公社副理事長
 〈オブザーバー〉吉岡一郎中国電力執行役員電源事業本部部長(再生可能エネルギー)。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。