論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/「血(お金)の巡り」を  [2020年6月3日1面]

 朝、目が覚めた時に雨の音が聞こえるとどうも気分がさえない。ましてやそれが連日となると閉口してしまう。そんな季節がそこまで来ている▼梅雨時期は仮に天気が良くても高温多湿となり、快適とはいえない。熱中症も発症しやすく、6月の熱中症死亡者は8月に次いで多いというデータもある▼今年はさらに、新型コロナウイルスの感染症対策でマスクの着用が必要となる。建設現場で働く人たちは十分な睡眠と、水分、塩分をまめに取り、例年以上に熱中症対策をお願いしたい▼熱中症は体温調節機能が働かず、体内に熱がこもるのが原因。事前の予防策として涼しい季節のうちに適度な運動を行い、その後に乳製品などを摂取して血液量を増やし、体温調節機能も向上させる検討が進む。血行を良くし急激な体温上昇を抑えるという狙いだ▼今週から休校していた学校が始まり、企業も本格的な活動を再開しつつある。冷え込んだ景気を刺激するには、体と同様に経済の血液となる「お金」の巡りを良くするしなかない。政府が市場に資金を投入するのは当たり前だが、中でも公共事業が有力な施策の一つになるだろう。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。