技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/コンクリ打設計画支援システム開発/打ち重ね時間可視化で品質低下防ぐ  [2020年7月6日3面]

天ヶ瀬ダムでの検討例。打ち重ね間隔を可視化することで、コールドジョイントのリスクを回避できる

 大成建設はコンクリート打設の計画作成支援システムを開発した。コンクリートポンプ車の台数や配置といった施工条件を入力すると、コンクリート打設の間隔が短くなる計画が自動作成できる。打ち重ねの間隔が短くなることで、工程の最適化が可能になると同時に、コンクリートの品質低下も防げる。
 開発したシステム「T-Con・PAS(ティー・コンパス)」は、入力した施工条件から最適な打ち込み計画を瞬時に自動計算して提示する。計算結果は3D画像で可視化して確認できるため、ポンプ車の必要台数や最適な配置などを事前に検討できる。打ち重ね間隔も可視化され、打ち重ね時間の超過でコンクリートが一体化しない「コールドジョイント」の発生リスクを低減できる。
 急な計画変更にも対応可能。コンクリートの供給能力やポンプ車台数などが変わった場合は、施工条件を再入力すれば最適な打ち込み順序などを再計算する。
 京都府の天ケ瀬ダム放流建設工事など2件の工事に適用したところ、最大打ち重ね時間間隔が2割程度短縮。コールドジョイントの発生リスクも低減した。
 コンクリートを連続して打設するには、先に打ち込んで固まり始めたコンクリートに新しいコンクリートを打ち重ねるまでの間隔に注意しないと品質低下につながりかねない。そのため打ち込み計画の作成では打ち重ねの間隔ができるだけ短くなるよう打ち込み順序を計画するが、検討項目が多岐にわたることから、作業が煩雑になることが課題だった。特に打設量が多かったり、構造物の形状が複雑だったりする場合は技術者の負担も大きくなっていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。