技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

長谷工コーポら/外壁打診検査にMR活用/業務量を30%削減  [2020年7月7日3面]

「エーアールタクミレジデンス」を使えば外壁検査が1人で行える

 長谷工コーポレーションと技術系アウトソーシング事業を手掛けるアウトソーシングテクノロジー(東京都千代田区、茂手木雅樹社長)は6日、日本マイクロソフト(同港区、吉田仁志社長)と共同でMR(複合現実)技術を使ったマンション外壁打診検査システムを開発したと発表した。検査作業を省人化するとともに報告書を自動作成。検査に関わる業務全体を約30%削減する。月内に関東エリアから順次導入する。
 マンションの外壁は経年劣化などで剥がれるリスクがある。建築基準法の施行規則では、歩行者に危害を加える恐れのある外壁に対し、10年ごとの全面打診検査を義務付けている。長谷工グループは2019年度、関東エリアで約200棟の建物診断を行っている。
 開発したのはMRソリューション「AR匠RESIDENCE(エーアールタクミレジデンス)」。検査を行う際はまず、図面データなど調査対象の物件情報を登録。次にヘッドマウントディスプレーを装着した検査員がマーカーを使って実在する建物と登録した情報の位置合わせを行う。検査の結果、不具合箇所があればデジタル画面で登録する。
 検査後は写真などが付いた報告書を自動作成する。従来は打診検査係と記録係の2人体制で検査に臨んでいた。エーアールタクミレジデンスを使えば1人で検査が完結する。
 長谷工コーポレーションは今後、現場作業員の意見を取り入れながらエーアールタクミレジデンスの改良に取り組み、21年以降は開放廊下以外にも適用範囲を広げる構えだ。6日ウェブでの会見に臨んだ同社の楢岡祥之取締役兼常務執行役員は「近い将来、建物診断のすべてをカバーしたい」と展望を述べた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。