BIMのその先を目指して

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

BIMのその先を目指して・144/樋口一希/梓設計らが家具検索アプリを無料提供  [2020年7月16日]

画像検索機能の利用イメージ

 梓設計は、ソフトバンクのグループ会社であるSBクラウドと協業し画像検索機能を搭載した家具検索アプリ「Pic Archi(ピックアーキ)」の無料提供を開始した。

 □写真撮影で検索できる建材・家具検索アプリ「ピックアーキ」の無料提供を開始□

 ピックアーキは、建設業界で建材・家具を扱う設計者から一般ユーザーまで無料で使える建材・家具検索アプリだ。アプリには建材・家具メーカーの商品データが登録されており、気になった建材・家具の写真を撮影するだけで同一・類似商品を簡単に検索することが可能だ。建材・家具メーカーが商品データを登録するのも無料となっている。
 商品の詳細ページからはメーカーのデジタルカタログやBIMオブジェクトのプラットフォームを目指す丸紅アークログ提供の建築建材総合検索サイト「Arch-LOG(アークログ)」の商品ページに遷移することもできる。これによってカタログやサンプルの削減につながるだけでなく、「地球温暖化ガスの排出量が少ない商品」や「リサイクル率の高い商品」を検索でき、「地球に優しい」商品を選べるようなサポートも目指すなどSDGsにも貢献する次世代アプリとなっている。

 □「お気に入り」で気になった建材や家具はアプリ内に保存することで必要な時に確認可能□

 閲覧履歴やお気に入り機能を搭載しているため、ユーザーは商品名や型番などをそのつど調べることなく、気になる商品をアプリ上で比較しながら検索したり、必要な時に「お気に入り」から確認したりすることができる。
 SBクラウドではピックアーキのクラウド環境としてクラウドサービス「Alibaba Cloud」を提供しているほか、画像検索機能の基盤としてAlibaba Cloudの画像検索エンジン「Image Search」を提供している。画像検索機能の基盤にImage Searchを採用することによって高速かつ精度の高い検索を実現している。
 今後はピックアーキで検索できる商品点数を増やしていくことに加えて、ユーザーの使い勝手をさらに向上させる機能の開発を強化するとともに、他のサービスとの連携も目指す。合わせて協創パートナーと共に建設・建築業界一丸となり社会貢献を進めていく。
 Image Searchの採用においては、ソフトバンクが導入サポートを担っており、梓設計はグループ会社と連携し、建築・設計分野におけるテクノロジーの活用に取り組んでいく。

 □アリババグループの機械学習技術などを活用した画像検索エンジン「Image Search」を採用□

 Alibaba Cloudは、アリババグループのクラウドコンピューティング部門であるアリババクラウドが提供するクラウドサービス。世界トップ3のIaaS(※)プロバイダーであり、中国国内で最大のシェアを誇るパブリッククラウドサービスプロバイダーとして、アリババグループのマーケットプレイスやスタートアップ企業、中小企業、政府関連機関をはじめとする世界中の事業者に包括的なクラウドコンピューティングサービスを提供している。
 Image Searchは、アリババグループが独自に開発した機械学習やディープラーニング(深層学習)などの技術を活用した画像検索エンジン。中国最大級のBtoCオンラインショッピングモール「天猫(Tmall)」やCtoCマーケットプレイス「淘宝(タオバオ)」などに導入されている。日本市場ではSBクラウドがAlibaba Cloudの製品ラインアップの一つとしてサービスを提供している。
 (※)IaaS(Infrastructure as a Service)=クラウドコンピューティングの一領域で、仮想化技術を利用してハードウエアリソース(CPU+メモリ+ストレージ)などのITインフラをインターネット経由でオンデマンドで提供するサービス。イアースやアイアースと呼称される。
 〈アーキネットジャパン事務局〉(毎週木曜日掲載)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。