人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/7月21日付幹部人事/次官に栗田卓也氏、北海道開発局と6地方整備局長交代  [2020年7月21日1面]

 国土交通省は21日付で幹部の定期人事異動を発令する。事務次官に栗田卓也国土交通審議官が就任。国土交通審議官には野村正史官房長、岡西康博国際統括官が新たに就く。=2面に新任地方整備局長らの経歴
 官房長には水嶋智鉄道局長、総合政策局長には石田優官房付(前復興庁統括官)、国土政策局長には中原淳官房付(前官房建設流通政策審議官)、都市局長には榊真一官房総括審議官、住宅局長には和田信貴内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局地方創生総括官補、鉄道局長には上原淳海上保安庁次長、北海道局長には後藤貞二北海道開発局長がそれぞれ就く。
 官房では海外プロジェクト審議官に石原康弘関東地方整備局長、下野浩史内閣官房内閣審議官(内閣官房副長官補付)が営繕部長に就任する。地方部局関係では北海道開発局長に倉内公嘉氏が就任。地方整備局長は▽東北=梅野修一▽関東=土井弘次▽北陸=岡村次郎▽中部=堀田治▽近畿=溝口宏樹▽四国=丹羽克彦-の各氏が就く。
 国土交通政策研究所長には住本靖官房審議官(北海道局担当)国土技術政策総合研究所長には天野邦彦国土技術政策総合研究所研究総務官、国土地理院長には野田勝官房審議官(道路局担当)、国土交通大学校長には山崎房長建築研究所監事が就任する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。