行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関東整備局ら/外環道・都内区間の事業費7600億円増加/中央JCT工法変更などで  [2020年7月31日1面]

 関東地方整備局と東日本高速道路会社、中日本高速道路会社による東京外かく環状道路(外環道)都内区間(関越~東名)の整備事業で、事業費が約7600億円増加することが分かった。中央JCT(東京都三鷹市)地中拡幅の工法変更などでコストがかさみ、予定していた約1兆5975億円(2016年度時点)から約2兆3575億円に膨らむ見通しという。
 事業費の増加は、関東整備局が30日さいたま市内で開いた事業評価監視委員会で報告した。増額要因を見ると、シールドトンネルの合流部となる中央JCT地中拡幅部の工法変更などで約5360億円を計上した。地下水がたまった地盤を非開削で掘削するため、凍結工法を基本に安全な施工方法を検討する。中央JCTの構造変更の追加費用は約780億円。大泉JCT側の軟弱地盤対策には約670億円を計上した。
 外環道都内区間は東名JCT(世田谷区宇奈根)と大泉JCT(練馬区大泉町)を結ぶ延長16.2kmの路線。計画車線数は6車線。2017年2月に東名JCT側、19年1月には大泉JCT側の本線シールドトンネル工事に着手している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。