人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

凜/千葉県企業局管理部総務企画課・内山美希さん/目の前の仕事に全力投球  [2020年8月24日10面]

内山美希さん

 さまざまな分野の仕事ができるという理由で県庁職員を選んだ。2016年4月に入庁し、19年4月から企業局管理部総務企画課に。現在は課内の政策・広報室で県営水道のPR活動やペットボトル入り水道水「ちばポタ」の関連業務などを担当している。将来は「中小企業支援や防災関係などの仕事をしてみたい」と希望している。
 昨年の台風15号襲来後、支援のために一時派遣された富津市で初めて窓口業務を体験した。慣れない仕事だったが「丁寧な対応を心掛けた」。でも「もっと分かりやすい対応の仕方があったかも」と反省を忘れない。貴重な経験を「これからの仕事にも生かしていきたい」と話す。
 現在の担当業務は外部の業者や技術系職員とのやりとりが中心。県民からの問い合わせも多い。これまで知らなかった専門用語や独特の言い回しを自分の中でかみ砕いて理解し「自分の言葉で分かりやすく伝えられるようにしている」。
 「先のことより目の前のことを着実にこなす」のが仕事のモットー。限られた時間を有効に使い何事にも全力を尽くす。
 将来の目標は「一緒に仕事をして楽しいと思ってもらえる人になる」こと。今の上司を理想像に挙げ、経験に裏打ちされた鋭い着眼点や広い視野を見習おうと思っている。(うちやま・みき)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。