技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設ら/6m継ぎロックボルト打設装置を開発/完全機械化で安全性確保・省人化  [2020年9月16日3面]

ロックボルト打設装置

 大成建設は、削岩機などの製造を手掛ける古河ロックドリル(東京都中央区、阿部裕之社長)と共同で、3メートルのロックボルト2本を機械的に継ぎ足して6メートルのロックボルトとして打設する装置を開発した。打設装置の全長を抑え、小断面でも機械打設が可能。地山の状態が悪い山岳トンネル工事の切羽近くでの作業を完全機械化し、省人化と安全性向上を実現する。6メートルの継ぎロックボルトを打設する装置は世界初という。
 新開発の装置は3メートルのロックボルトを最大10本装てんできる。モルタル注入後に3メートルボルトを挿入し、アームで保持する。1本目の挿入後、装てん済みのボルトを自動でネジで継ぎ足し挿入する仕組み。切羽をせん孔後に、同装置を使ってモルタル充填とロックボルト接合・挿入を行う。せん孔からモルタル注入・ロックボルトの挿入まで一連の作業を完全機械化する。
 打設装置の全長は6メートルで、中断面やベンチ付き断面の現場など、狭い坑内でも機械施工が可能となる。6メートル、3メートル、4メートルの長さのロックボルトに対応。切羽付近の人的作業が不要となり、安全性を高めた。省人化により機械オペレーター2人、モルタル操作1人の計3人で施工可能。打設作業に関わる人員を40%削減できる。
 7月には実施工で装置性能を確認した。補助ベンチ上でも打設装置を円滑に導入できたという。
 今後、同装置を搭載した打設専用機の2号機と3号機を本年度内にも現場に新規投入する予定。2、3号機にはモルタル供給装置も搭載する計画。施工位置のナビゲーション機能も搭載し、施工精度の向上を図る。
 従来の打設装置はボルトの長さに合わせた構造となり、装置の標準長さが7・5メートルあった。そのため、中小規模の断面では使用できない現場もあり、人力でロックボルトの打設作業を行っていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。