技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鴻池組ら/AI人物検知システムを開発/2段階検知で人と重機の接触災害防止  [2020年9月18日3面]

システム概要図

 鴻池組とニシオティーアンドエム(大阪府高槻市、西尾英一社長)は、人工知能(AI)画像識別を用いて重機への人の近接を検知し接触災害を防止するシステムを開発した。接触リスクが高い範囲を「危険域」として設定し、人が入った場合に自動停止する。その周辺を「警戒域」として設定して警報を発令する仕組みも取り入れ、2段階で接触災害を防ぐ。
 開発した「人物段階検知システム」は、ニシオティーアンドエムの重機接触防止装置「人物検知システムHADES(ヒューマン・アプローチ・ディテクション・エミット・ア・シグナル・デバイス)」に機能を付加した。システム本体(制御ユニット)や単眼カメラ4台、監視モニター、ブザー付き積層ランプなどで構成され、既存重機にも容易に後付けできる。
 トンネル坑内の暗い作業環境下でも、比較的安価な単眼カメラにより0・1秒間隔で検知できる。同システムのAIは、現場状況や環境条件を踏まえ、カメラごとに人物検知レベルを細かく設定することができるため、現場ニーズに応じた安全管理が可能になるとしている。人物の手足など身体の一部や、屈む、寝転ぶ、座るなど姿勢も、AIにより誤認識することなく判断できるという。東京都内の山岳トンネル工事に適用し、有効性を確認した。
 山岳トンネル工事向け重機のほか、クレーンやフォークリフトなど汎用(はんよう)重機への搭載を進め、重機接触災害の撲滅につなげる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。