技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島/成瀬ダム(秋田県)にDXラボ開設/AR・VR体感、自動化施工などPR  [2020年10月16日1面]

ARのイメージ

 鹿島は14日、秋田県東成瀬村で施工中の成瀬ダムの現場内に「KAJIMA DX LABO(ラボ)」を開設した。DX(デジタルトランスフォーメーション)や未来の土木工事を紹介する展示施設。同ダムの工事や、複数の汎用(はんよう)建機を自律自動運転により施工する次世代型建設生産システム「クワッドアクセル」などを、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)で体感可能だ。
 同ダムは治水や利水などを狙いとする多目的ダム。堤高114・5メートル、堤体積485万立方メートルの規模。現地発生土材とセメント、水を混合した材料「CSG」で台形の堤体を構築する。台形CSGダムとして国内最大で、全体完成は2024年を予定する。発注者は国土交通省東北地方整備局。堤体打設工事(第1期)を鹿島・前田建設・竹中土木JVが手掛けている。
 鹿島JVは6月にCSG打設を開始し、7月から自動化施工を導入。現在は振動ローラーと仕上げローラー、ブルドーザーの計7台の自動化重機が稼働しており、最盛期には23台に増やす。ラボは現場を一望できる位置にあり、ジオラマやパネルなどを展示。タブレット端末をかざすと施工イメージを見たり、実際の現場と完成後の姿を重ねて確認したりできる。建設現場の工場化や先端ITゼネコンへの変革を見据えたDXの取り組みをPRする。
 ラボ2階には自動化重機の管制室を設置。「ITパイロット」と呼ぶIT分野にたけた同社技術者が監視や施工計画データの作成、データ送信などを行う。
 同日にオープニングセレモニーを現地で開いた。鹿島の高田悦久専務執行役員土木管理本部副本部長は「鹿島のDXの方向や将来のあるべき姿を見せていきたい」と話した。東北整備局成瀬ダム工事事務所の村山英俊所長は「ダム建設におけるDXの象徴の建物」との認識を述べ、見学コースに活用する考えを示した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。