論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/秋の行楽シーズン  [2020年10月20日1面]

 10月も半ばを過ぎ、朝晩の冷え込みが気になり始めた。街を行き交う人に上着を羽織る人が増え、アースカラーの着こなしに秋の深まりを感じる▼暦の関係などもあり今年の秋は3連休が少ない。10月はゼロ、11月も1度だけと寂しい。Go Toトラベルなど旅行を後押しする施策が展開されているものの、「新型コロナウイルスが心配」と遠出に二の足を踏む人も多かろう▼苦境にあえぐ地方の観光地。影響は食肉業界にも及んでいる。高級ブランドとして名高い「神戸ビーフ」も需要の落ち込みに苦戦しているそう。兵庫県では畜産農家を応援するため、県内にある公立小中学校などの給食で神戸ビーフのステーキなどが登場している▼デパートの食料品売り場では100グラム数千円の値が付く高級品。通常でも買うにはなかなか勇気がいる。清水の舞台から飛び降りる覚悟ではないが、庶民には高根の花といっても過言ではないだろう▼〈秋深き 隣は何を する人ぞ〉(松尾芭蕉)。何げない装いや食事などで秋を感じる今日この頃。神戸ビーフに季節感はないのかもしれないが、冬の到来に向けて気持ちだけは盛り上げたい。

コメント

  • 匿名 より:

    「暦の関係などもあり今年の秋は3連休が少ない」怠けすぎです。このご時世トラベルなどと暢気なことを言っていないでまじめに働きましょう。

  • 匿名 より:

    以前はシルバーウィークなどなかった。怠け過ぎ。仕事があるうちが花ですよ。

  • 匿名 より:

    国は、国民から絞りとり、休日を増やしまた搾り取る。
    正月休みが1/11までと訳のわからない事を言い出した。今や労働者の半数に届く勢いの自給で働く人を考えてのことか?コロナ対策で11までっておかしいだろ?経済の方が国民の命より大切なんだよね?昨日の国民の健康と命を守るってのはどこに?民を生かさず殺さずってのは日本のお家芸。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。