技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JR東海/リニア中央新幹線が試験走行/改良型試験車を公開  [2020年10月20日1面]

 リニア中央新幹線の営業車両の仕様を固めようと、JR東海が改良型試験車=写真=の走行試験を8月から山梨県内で行っている。先頭車両の形状を変更し、座席は乗り心地を改善するため部材などを変更した。=4面に詳しく
 試験車を公開した19日、山梨県都留市の山梨リニア実験センターで、大島浩所長は「(従来の)L0系をブラッシュアップして新しい車両を造った。走行試験を始めたばかり。改良し、いいものを営業車両に取り入れたい。安全面、快適性など、やり残しをなくしたい」と技術開発に意欲を示した。時速500キロの高速走行時での騒音低減を改良効果の一つに挙げ、「これから定量的な評価をしたい」と述べた。
 延伸・更新工事が完了し山梨リニア実験線が2013年に延長42・8キロになって以降、1日平均2000キロの走行試験を行っている。
 走行距離は1997年の試験開始から15日時点で319万キロとなった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。