論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/ピサの斜塔とジェットグラウト工法  [2020年10月28日1面]

 5・5度を3・99度に修正。何の角度かというと、イタリアにあるピサの斜塔の傾き。2001年に安定化工事を終え300年はこの傾きで持つという▼斜塔は1173年から約200年かけて建設された。建設中に地盤沈下で傾斜が始まり、傾いたまま完成。伊政府は長年、世界中の技術者に斜塔を安定化する技術協力を求めたが良案はなかった。補修方法が考案され工事着手したのは1990年。600トンの鉛の鋳塊で建物を一時的に平衡させ、鋼製ケーブルで基礎部分を固定した▼22日付本紙最終面にイタリアの学識者が著した書籍の翻訳本『軟弱地盤改良技術 ジェットグラウト工法』(技報堂出版)が掲載された。日本で50年前に開発された技術の解説書がなぜイタリアで書かれたのか▼実は70年代に行われた斜塔安定化国際コンペで同工法(CCP工法)が提案され、優秀案の一つに選ばれた。現地の建設会社が同工法に着目し、開発者と技術協定を結び、その後欧米で普及した▼訳者の1人、中西康晴氏は「国内に専門の研究者がいない」ためこの書籍を翻訳したという。日本の優れた技術なのに…。なんとも悔しい話だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。