技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大成建設/トンネル坑内計測システムを開発/LPWA無線でデータを長距離伝送  [2020年10月29日3面]

T-RIPPAの運用イメージ

 大成建設は山岳トンネル工事で行う坑内の計測作業を省力化するシステムを開発した。消費電力を抑えながら遠距離通信を可能にするLPWA無線通信技術の使用によって、坑内で計測したデータがケーブルを使わず送信できる。データ送信のために定期的に行っていた通信ケーブルの移動が不要になり、計測作業の大幅な省力化が見込まれる。
 開発したトンネル坑内計測システム「T-RIPPA(トリッパ)」は、1キロ以上の長距離データの伝送が可能。切羽の移動に応じて無線通信装置を移設する回数が大幅に減少する。
 LPWA無線通信モジュールとアンテナを計測器内部に組み込み、小型電池で作動させる。通信ケーブルがなくても安定したデータ計測が可能。通信ケーブルを使わないため発破の衝撃からケーブルを防護する手間もなくなり、坑内の計測作業が省力化する。
 計測データは無線データ受信装置を介してクラウドサーバーに集約。ウェブアプリで自動作成するグラフをリアルタイムに確認でき、データのダウンロードも可能という。
 国内の2現場でシステムを運用したところ、1カ月間にわたって安定的な通信を確保できると確認した。データ回収のため現場に移動したり、ゲートウェイを移設したりする作業がなく、データ分析にかかる時間が従来の2分の1まで短縮できた。
 山岳トンネル工事の現場は、進行方向のデータを工事と同時計測する。現場にはデータ伝送用のケーブルなどの設備を設置する。掘削が進むと切羽の位置も変わるため、1~2週間に1回程度の頻度でケーブルの位置を切羽に寄せる作業が必要だった。無線を利用した計測をする場合でも通信可能な範囲が短く、長距離トンネルの場合は盛り替えなどの作業が必要で作業員の負担になっていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。