企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

安藤ハザマ/「ひとづくり財団」が事業開始/専門工事の担い手確保育成を支援  [2020年10月29日3面]

 安藤ハザマが、4月に設立した「安藤ハザマひとづくり財団」の事業を開始した。建設業界で深刻化する担い手確保・育成を目指し、財団が専門工事会社の人材募集などを支援する。初年度は採用PR活動や若手人材の育成に必要な活動経費に対し、1件当たり100万円を上限に補助する。2021年1月8日まで補助事業を受け付ける予定だ。
 ひとづくり財団は、ものづくりの根幹を担う専門工事会社の担い手を確保・育成する目的で設立した。代表理事を小野俊雄安藤ハザマ特別顧問が務める。同社の協力会社を含む専門工事会社を対象に、人材募集の経費補助や技能実習に励む外国人の就労支援などを行う。
 本年度は採用PR活動と若手育成活動の2事業を募集する。助成件数は2事業で10件程度、総額1000万円を想定する。財団の運営に当たり小野代表理事は「財団が掲げる『人を想い、企業を想う。』を基本理念に、各社の取り組みを後押したい」とコメントしている。
 詳細はひとづくり財団のホームページ(https://www.ad-hzm-zaidan.or.jp/)へ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。