建研/住宅浸水対策で費用対効果分析/追加工事費50万円で被害額90万円低減

2020年11月10日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 建築研究所(建研、緑川光正理事長)は水害に強い住宅づくりに関する研究を始めた。一戸建て住宅を対象に耐水化案を試設計し、浸水対策の費用対効果を分析。50万円程度の追加工事で90万円程度の被害額低減効果…

残り 809文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン