土木学会/インフラの体力測定に着手/整備状況を世界水準と比較へ

2020年11月11日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 土木学会(家田仁会長)がインフラ施設の体力測定を実施する。初弾として道路や河川、港湾を対象に想定。諸外国との比較から整備水準を判定する。関連団体とも連携しながら調査に当たる。結果は広く国民に公開し、…

残り 531文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン